台湾で喉から血が出て病院で処置して貰ったものの

私は海外旅行が好きで、今までいくつもの国に行ってきましたが、1度だけ病院に行った事があります。

場所は台湾で、旅行中に喉の調子が悪くなり咳をしていたところ血が混じっており、心配になって病院で診て貰いました。
かなり大きな市民病院の様で、新しく設備も整っていた様です。

中国語が出来なかったので英語で会話をしました。
喉の様子をカメラで診る事になり、大量の麻酔を喉にスプレーされました。
喉の感覚がなくなるまで何度も何度もスプレーされ、麻酔に含まれるアルコールの強さが染みて痛みが酷かったのですが「仕方ない。」と涙を流しながら我慢しました。

カメラを入れた時、麻酔をした筈なのに痛みがあり、吐きそうになりました。
グッとこらえ、診て貰ったところ「喉には傷もなく異常はない。」との事。
原因不明のままホテルに帰ったのですが、その後が酷かったです。

麻酔の影響か嘔吐するばかりで食事も出来ず、お水しか飲めない状態に。
翌日は身体中が痛くなり寝たきりでした。
2日目になってようやく身体が動かせる様になりましたが、痛い思いをして異常がなく、また痛い思いをするなんて思ってもみなかったので辛い思い出として残っています。

Comments are closed.